<< クリスピー ちょっと気取って・・・ >>

クッキーの想い出

初めてクッキーを焼いたのは、小学5年生の時でした。
そもそも・・・オーブンが家にやってきたのがその頃で、
今から・・・(計算するのが恐ろしいのでやめておきます)

初めて自分で焼いたクッキーがこの”絞りクッキー”生地で焼いた
ドロップクッキーでした。
今みたいに、近所のスーパーに製菓用品など売られていなくて
マーガリンに(もちろん有塩)にピーナッツを入れて
焼きました。

味は、そこそこ。
でも、自分で作ったことに感動。
缶いっぱいに焼いたクッキーが父をはじめ、家族みんなが
笑顔で食べてくれたことを思い出します。c0199685_20431283.jpg

絞り袋が欲しい・・・といった私に
母がマヨネーズの口をきれいに洗ってとっておいてくれて
今では笑い話ですが、自家製の絞り袋を作ってくれた
ことを思い出しました。

それからも、色々なお菓子に挑戦しました。
かっちかちのスポンジケーキ
蒸しパンみたいな味のしたパイナップルケーキ
初恋の人に作った、チョコクッキー

いろんな想い出があります。

少しずつレパートリーが広がり、今の活動に繋がってきています。
あの頃は想像もしなかった夢のような、今現在に・・

どの想い出にも笑顔の人たちがいたこと・・・
今更お礼を直接言うこともできない人もいますが
”笑顔で食べてくれてありがとう”
[PR]
by cou-kaori | 2009-10-29 20:45 | couのお話し
<< クリスピー ちょっと気取って・・・ >>